活躍する同窓生

石川 祐司さん

大学 リベラルアーツ学群 2017年度卒業
メーカーズシャツ鎌倉ニューヨークマディソン店、倉庫管理担当
国際空手道連盟極真会館ニューヨーク支部 選手、少年部アシスタント指導員


現在のお仕事内容


日本製のシャツを世界の中心であるニューヨークで販売し、日本のモノづくりに貢献することが私の仕事です。日本の工場で作成された丁寧な仕上がりと品質あるシャツを第二の故郷であるアメリカで広めることが魅力です。日々の在庫状況を把握しながら、今後必要な商品の発注やお客様の要望を聞きながら店舗の運営に関わっております。
極真空手ではニューヨーク支部のチームに在籍し選手生活を送りながら、青少年育成を目的とした空手教室で指導員として携わっております。将来はオールアメリカン(全米大会)で活躍し、道場にいる子どもたちのロールモデルとして生きることができれば幸いです。


桜美林での思い出

国際協力の研究とフルコンタクト空手の稽古の日々でした。国際協力では海外にルーツを持つ子どもたちが武士道を理解し勉強や空手に励めるようにサポートをしていきました。積極的に講義に参加し、研究ノートを常に持ち歩きながら卒業論文完成を目指して研究していました。また大学内で「桜美林大学フルコンタクト空手道クラブ」を立ち上げ、留学生やスカイ保育園の園児たちと空手を通して、異文化や他者への思いやりを学ぶ教室を3年間運営していきました。また地元である平塚の空手道場の選手として活躍し、極真空手清武会の全日本に出場しベスト8まで残ることができました。文武両道を極めた濃い4年間を送ることができました。
 

同窓生へのメッセージ

文武両道を目指して取り組んでください。心から楽しめる専門分野と積極的に取り組めるスポーツや行事を見つけて大学生活を豊かにしていきましょう。毎日笑顔で楽しく勉強したり、行事を楽しむことは大切なことです。卒業しても大学でやってきたことが充分に活かせます。日々の勉強と人との出会いが自分自身を高めてくれます。そしてお世話になった方々の感謝を忘れず、学んだことを他者のために尽くせるような人生を歩んでください。

(2018.03.27)

活躍する同窓生一覧に戻る