HEADLINES 最新のお知らせ・ご案内

小中一貫教育を行う義務教育学校(9年制)の新設方針について

学校法人桜美林学園は、2021年5月28日に創立100周年を迎えます。その記念事業としてかねてより懸案の小学校・中学校9年間の一貫教育校を新たに設置し、幼稚園から大学院までの総合学園とする方向で調査検討を始めます。開校は2021(平成33)年を目指し、事業内容については今後詳細を詰めてまいります。建設地は町田、多摩、相模原市を中心に調査、検討いたします。
なお、既存の中学校、高等学校はそのまま存続させます。

教育内容等は以下のような案を考えています。

平成28年4月から施行される改正学校教育法で新たに制度化される「義務教育学校」であり、前期課程(小学校段階)、後期課程(中学校段階)あわせて9年の課程。 一クラス30人で一学年2クラスを予定。 国際バカロレア機構の国際的な教育プログラムを導入する。 好奇心、探究心、そして寛容の精神を育むと同時に、社会貢献ができる生徒に育てることを目標とする。 ひとりひとりの特性や能力に応じた教育で、それぞれが持つ力を最大限に引き出していく教育を行う。

 


2015/9/4

お問い合わせ先

桜美林学園 学園広報室
TEL : 042-797-9772