桜美林大学 大学院
Graduate Division

桜美林大学サイト 大学院ページ

本学の大学院は、学士課程の上に関連学問領域が設置されている一般的な屋上型大学院とは一線を画す、日本で数少ない独立型大学院の設置形態を取っています。それゆえ、複合的な学修や学際的な研究に打ち込める理想的な環境が揃っています。他の研究科の科目も受講できる自由度の高いカリキュラムで自分の研究をさまざまな角度より深めることもできます。また、各専門分野のプロフェッショナルである教員の熱心な指導とさまざまなバックグラウンドを持った学生同士とのディスカッション、そしてキャリア支援も含めたサポート体制で、より充実した研究ライフを送ることが期待できます。

博士前期・修士課程

国際学研究科

国際学専攻

グローバル化が進む現代において、学際的な創造力、未来を見通す洞察力、問題を解決する行動力が求められており、国際学専攻ではこうした力を備えた人材の育成を目指しています。このため、本専攻には、グローバルな視点から政治、経済、国際関係、環境などを中心に研究を進める国際社会専修と、地域の視点から研究を進める地域文化専修(アジア・日本・アメリカの3研究コース)を置くとともに、学際的な研究も可能なように教育課程を編成しています。

国際協力専攻

国際協力専攻の教育課程は、講義科目と実習科目から編成されており、国際協力の「理論」と「実践」を体系的に学ぶことができます。「理論」については、国際協力全般にわたる基礎的な知識を身につけるため、学際的な教育・研究を行っています。国際政治、国際法、国際関係といった科目はもとより、新たに追加された理系・文系の環境分野、移民や多文化の分野も含まれています。一方、「実践」については、国際協力機関や、NGOでのインターンシップなど、国際協力活動に参加する機会を数多く設けています。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。
経営学研究科

経営学専攻

グローバルに展開する企業活動に注目し、企業経営の思想と技術を探求します。専門科目は、経営理論を「マネジメント領域」「グローバルビジネス領域」「国際標準化研究領域」の3領域に区分し、有益な科目を揃えて体系的な教育課程を編成しています。このうち「グローバルビジネス領域」では、近年の大学院生の研究志向を踏まえて、日本を中心とするアジア諸国の企業・組織・経営・ビジネスなどを研究できる科目を揃えています。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。
言語教育研究科

日本語教育専攻

日本語教育のプロフェッショナル・スクールとして、多様化する日本語学習のニーズに対応するため、「理論」と「実践」をバランスよく修得できるよう科目を配置し、教育課程を編成しています。日本語教育専攻と英語教育専攻の共通科目を配置し、両専攻の大学院生がともに学ぶことで相互理解を深めます。中でも応用言語学分野の講義科目が充実しています。また、授業では講義に加え発表や討論を積極的に導入していることで、大学院生の考察力や対話能力を高めます。

英語教育専攻

英語教育に関わる『英語教育学理論』『英語教授法演習』等に加えて、高度な英語の文法力、表現力を養うための科目として、『英文法論』『英語学特論』『英語表現演習』『英語音声学』等を配置しています。また、読解力、幅広い教養を養うための『イギリス文学演習』『アメリカ文学演習』『英語文化論』等の他、小学校での英語教育を視野に入れた「児童英語教育論」やコンピュータを語学教育に活用する『マルチメディア英語教育演習』といった現代のニーズに応える科目も配置しています。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。
心理学研究科

臨床心理学専攻

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から臨床心理士養成に関する「第1種指定大学院」の認可を受けていることから、所定科目を履修して修了すると同協会の認定資格である「臨床心理士」取得のための受験資格が得られます。教育課程の特徴は、各心理学の専門領域の講義に加え、実践的な心理技法や心理検査法、「インテーク面接」「精神科面接ロールプレイ」などの講義・演習を行っている点です。

健康心理学専攻

健康心理学専攻では、「健康」に直接関わる専門科目の充実を図るとともに、選択必修科目として『ライフスタイル特論』『地域リハビリテーション医学特論』『食生活特論』等、隣接分野や学際的分野の科目を配置しています。また心理学研究科に併設されている臨床心理学専攻や、老年学研究科老年学専攻において開講されている健康心理学の関連分野の科目も、大学院生の問題意識や研究課題に応じて選択することができます。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。
大学アドミニストレーション研究科

大学アドミニストレーション専攻(通学・通信)

本研究科の教育課程は通学課程と通信教育課程の二つの課程に分かれています。居住地や勤務形態など個々の事情を考慮し、自身の学修環境に適した課程をどちらか選択します。通学課程・通信教育課程ともに、10単位を上限としてもう一方の課程に属する科目を履修することが認められています。通学課程の科目は、原則として夜間または週末に授業が行われています。遠隔地に在住の通信教育課程在学者でも履修できるよう、学期中の週末に数回の集中講義を行う科目を置いています。

老年学研究科

老年学専攻

日本では、学際的老年学を専門に教育する大学院は本専攻しかありません。本専攻では社会の変化に合わせ、たゆまずカリキュラムの見直しと充実を図っています。具体的には、老年学領域の専門知識を身につけられるよう、専任教員によるコア科目と、専任教員と共に各領域で実績のある客員・非常勤教員を迎えて多様な専門科目を配置しました。これに加え、質的・量的研究法、統計解析法、情報処理法、文献講読、演習などの研究基礎科目を充実させています。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。

博士後期課程

国際学研究科

国際人文社会科学専攻

旧来の人文科学・社会科学の枠に捉われることなく、グローバル化する現代社会の多種多様なニーズを常に捕捉することで、新しい学術領域と高度な専門領域において的確に研究指導を行っています。研究指導分野としては国際政治・経済、国際協力、地域文化、文化人類学、マネジメントシステム、グローバルシステム、日本語教育、英語教育、健康心理学、高等教育(大学)など多くの研究分野があり、それぞれ第一線の教員を配置し、世界水準の研究ができる指導体制を整えています。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。
老年学研究科

老年学専攻

老年学研究の次代を担う人材を養成することを目指して、自分の専門だけでなく老年学全体の最先端の知識を吸収するとともに、研究実践能力、分析能力、情報発信能力が身につくように指導します。教員の専門分野の多様性を積極的に生かし、多角的・学際的に情報交換や討議を深めながら、研究指導を行っています。

さらに詳しい情報は、桜美林大学のウェブサイトをご覧ください。