新キャンパス開設

2020年4月 本町田に芸術文化学群の新キャンパス開設

学生広場を中心に、東西に伸びやかに広がる3階建の校舎を配置

2020 年4月、町田市本町田の旧市立本町田中学校と本町田西小学校の跡地に、延べ約2.2万平方メートルの新キャンパスを開設し、現在、町田キャンパス(常盤町)にある芸術文化学群「演劇・ダンス専修」「音楽専修」「ビジュアル・アーツ専修」が移転する計画です。

キャンパスは教室棟、スタジオ棟、音楽棟など、用途に合わせた5つの建物で構成。2021年4月には、狂言などの古典芸能もできる劇場、新しいパイプオルガンを導入する音楽ホール、ゼミ展などで活用するギャラリー棟も整備します。

カリキュラムと施設の充実

移転に伴い、カリキュラムや施設もさらに充実。専門的な学修を可能にします。芸術文化学群独自の一般教養科目や英語で専門領域を学ぶ科目などが開講。これまでにない施設として音楽専修の音響制作室や録音コントロールルーム、ビジュアル・アーツ専修の映像スタジオ、大型の工作機械を導入した工房などが設置されます。日頃から学生がパフォーマンスや作品を発表できるように、ラーニングコモンズや屋内外のフリースペースも設けます。

地域との連携

隣接する「山崎団地」や「木曽団地」など地域と連携した新たな取り組みも計画。「芸術文化研究所」(仮称)を新設して、一般市民が参加できる講座やワークショップの企画などを行う予定です。また、芸術関連の専門書を所蔵する図書室を一般公開。地域のアート拠点になるような開かれたキャンパスを目指します。

屋外や屋上にはオープンスペースを確保し、ラーニングコモンズを各所に用意。さまざまな芸術活動が交差する、アートの空気に満ちた学びの場

2019年4月 新宿キャンパス開設

創新館本館と南館からなる新宿キャンパス

2019年4月、新宿区百人町に新たなキャンパスが開校。ビジネスマネジメント学群と大学院経営学研究科が移転し、ビジネスの中心地で企業と連携した実践的な教育を強化するとともに、有望企業創出のためのインキュベーショ ン施設を設け、新たな知性を創造する拠点となることを目指します。

さまざまな新たな取り組み

キャンパスにはラーニングコモンズを随所に設置、学内のカフェや旅行代理店の経営に学生が参加するなどキャンパス中を学修とビジネス実習に活用します。ゼミ室直結の可動式パーテーションを備えた学習スペースや電子図書館機能を備えた学習空間「ナレッジクラウド」、多目的に使える大ホールもあり、さまざまな学びを支援。また、授業資料や書籍の電子化、履修状況や時間割を確認できるアプリの導入などにより、最先端の情報マネジメント環境を整備、学生がどこでどう学んだかという学修ビッグデータを蓄積・分析し、教育の充実に役立てます。大学院・経営学研究科には、他大学にはないエンターテインメント関連コースや中国語でMBAを修了できるコースなど、特色ある6つのコースが新設されました。

都心ならではの実習

オフィスビルや百貨店が立ち並ぶ新宿エリアの利点を生かし、さまざまなビジネス実習を計画中。周辺には外国人も多く、インターナショナルな取り組みも期待できます。理論だけでなく、実践や体験を通した活きる学びの場の誕生です。

  • 研究室・ゼミラボ

  • ラーニングコモンズ

新宿キャンパス開設 特設ページ